ウェブサイト検索

Ubuntu 24.04/22.04 デスクトップおよびサーバーに Dropbox をインストールする方法


これは、Ubuntu 24.04 または Ubuntu 22.04 のデスクトップとサーバーの両方に、コマンド ラインで Dropbox をインストールしてセットアップする方法を説明するステップバイステップ ガイドです。

Dropbox は人気のあるファイル ホスティング サービスで、2 GB のストレージを備えた無料アカウントと、より多くの機能を利用できる有料プランを提供しています。 Android、iOS、Linux、macOS、Microsoft Windows、Windows Phone などの複数のプラットフォームで動作します。これを使用すると、ファイルをクラウドに保存し、さまざまなデバイスからアクセスしたり、リンクを使用して友人とファイルを簡単に共有したりできます。

Linux 版 Dropbox は、グラフィカル インターフェイス (インジケータ アプレット) とコマンド ライン ツールの両方を提供します。つまり、デスクトップ エディションとサーバー エディションの両方で動作します。

Ubuntu デスクトップに Dropbox をインストールする

Ubuntu デスクトップの場合、アプリは 3 つの異なる方法でインストールできます。それらには次のものが含まれます。

  • システム リポジトリ内の Deb パッケージは、デフォルトの GNOME (nautilus ファイル マネージャー) を備えた Ubuntu、XUbuntu (Thunar ファイル マネージャーを備えた XFCE デスクトップ)、および Ubuntu MATE (Caja を備えた MATE デスクトップ) で動作します。
  • アプリのウェブサイトからの Deb パッケージ。他のすべてのデスクトップ環境で動作します。
  • Flatpak パッケージ、非公式パッケージはサンドボックス環境で実行されます。

オプション 1: システム リポジトリから Dropbox をインストールする

デフォルトのファイルマネージャーを備えた GNOME、MATE、および XFCE デスクトップの場合は、まず「ソフトウェアとアップデート」ツールを起動し、次に「インターネットからダウンロード」でマルチバース リポジトリが有効になっていることを確認します。最初のタブの ' セクション。

マルチバース リポジトリが有効になっていることを確認する

次に、キーボードの Ctrl+Alt+T を押してターミナル ウィンドウを開き、コマンドを実行して Dropbox をインストールします。

sudo apt install nautilus-dropbox

コマンドで、nautilus-dropbox を、XFCE の場合は thunar-dropbox-plugin に、MATE の場合は caja-dropbox に置き換えます。また、パッケージが見つからない場合は、最初に sudo apt update を実行してシステム キャッシュを更新します。

オプション 2: 公式 Deb を使用して Dropbox をインストールする

他のデスクトップの場合は、以下のリンクを介して Web サイトから公式 Deb パッケージをダウンロードしてください。

Linux 版 Dropbox をダウンロード: https://www.dropbox.com/install-linux

Ubuntu のエディションに応じて、22.10 以降の場合は 64 ビット (Intel/AMD) をダウンロードし、22.04 以前の場合は 64 ビットまたは 32 ビットのいずれかを選択します。次に、ターミナル (Ctrl+Alt+T) を開き、ダウンロードした .deb パッケージをインストールするコマンドを実行します。

sudo apt install ~/Downloads/dropbox*.deb

KUbuntu に Dropbox Deb パッケージをインストールする

オプション 3: Flatpak 経由で Dropbox をインストールする

Flatpak パッケージがサンドボックス環境で実行されるため、Dropbox をインストールすることもできます。これは、Github ページでクライアントのソースをホストする非公式 パッケージです。

Flatpak パッケージは正しく動作していません (インジケーター メニューが開かない) が、ターミナル (Ctrl+Alt+T) ウィンドウで 2 つのコマンドを 1 つずつ実行することで試すことができます。

  • まず、コマンドを実行して flatpak デーモンをインストールします。

    sudo apt install flatpak
  • 次に、Dropbox flatpak パッケージをインストールします。

    flatpak install https://dl.flathub.org/repo/appstream/com.dropbox.Client.flatpakref

インストール後、デスクトップ環境によっては、スタート メニューまたは Gnome 概要画面から Dropbox を検索して起動しますが、アプリ アイコンを表示するにはログアウトして再度ログインする必要がある場合があります。

ログインして Dropbox を使用する

パッケージをインストールした後、ダイアログがポップアップ表示され、Nautilus (または Caja/Thunar) を再起動するように求められます。 [再起動] ボタンをクリックし、[次へ] をクリックします。次のダイアログで「Dropbox を開始」をクリックします。

ダイアログが表示されない場合、またはダイアログが誤って閉じられた場合は、代わりにスタート メニューまたは Gnome 概要から「dropbox」を検索して起動します。

次に、「Dropbox インストール」ダイアログが開き、独自のデーモンをダウンロードする必要があることが通知されます。 「OK」をクリックして、ダウンロードとインストールのプロセスが完了するまで待ちます。

すべてが正常に完了すると、インジケータ アプレットがシステム トレイ領域に表示されます。 Web ブラウザで認証ページが自動的に開き、ログインを求められます。一方、インジケーター メニューにはログインのためのオプションも用意されています。正常に動作しない場合は、ログアウトして再度ログインするか、コンピュータを再起動してください。

注: Dropbox の無料アカウントでは、今のところ 3 台のマシンしかリンクできません。この制限に達した場合は、アカウントをアップグレードするか、Dropbox ウェブサイトにログインして [アカウントの管理] -> [セキュリティ] に移動し、未使用のマシンを削除 (リンク解除) してください。

ログイン後、ユーザーのホームに新しく作成された「Dropbox」フォルダーに移動するだけです。そのフォルダーに変更を加えると、アカウントにリンクされているすべてのマシンで自動的に同期されます。また、そのフォルダー内のファイルを右クリックすると、次のようなメニュー オプションが表示されます。

  • Dropbox リンクをコピー – Web ブラウザのどこからでもアクセスできるようにします。
  • バージョン履歴。
  • Dropbox.com で見る
  • コメントを表示します。
  • Dropbox.com に同期しないでください

また、インジケーター メニューには、「設定」にアクセスするオプションが用意されています。自動起動、言語、ダウンロード/アップロード速度制限、プロキシ、隠しフォルダーなどを設定できます。

Dropbox の環境設定ダイアログ

Ubuntu サーバーに Dropbox をインストールしてセットアップする

1。デスクトップ環境のない Ubuntu Server の場合は、最初にコマンドを実行して Dropbox パッケージをダウンロードし、それを抽出します。

cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86_64" | tar xzf -

古い 32 ビット マシンで実行している場合 (uname -m を実行して確認します)、x86_64x86 に置き換えます。コマンド

2。コマンドが完了すると、Dropbox のすべてのライブラリを含む .dropbox-dist 隠しフォルダーが作成されます。

以下のコマンドを実行するとデーモンが起動します。

~/.dropbox-dist/dropboxd

URL リンクが出力され、Web ブラウザを使用して他のマシンでそのリンクにアクセスするように求められます。 (Web ブラウザを使用して)ログインすると、「このコンピュータは現在 Dropbox にリンクされています。ようこそxxx」。

3. Dropbox アカウントにログインした後、Ubuntu サーバーで Ctrl+C を押して現在のコマンドを終了します。

デーモンが実行されているかどうかを確認するには、次のコマンドを使用します。

ps ax |grep dropbox

実行されていない場合は、このセッションを終了するまでコマンドを実行して起動します。

~/.dropbox-dist/dropboxd &

最後に、Dropbox フォルダーに移動します。

cd ~/Dropbox

Dropbox ストレージに変更を加えてから、ls を実行して変更が同期されたかどうかを確認します。

4. Dropbox には、アプリを管理するためのコマンド ライン ツールが用意されています。これを取得するには、次のコマンドを実行します。

mkdir -p ~/.local/bin
wget https://www.dropbox.com/download?dl=packages/dropbox.py -O ~/.local/bin/dropbox

次に、実行可能権限を追加します。

chmod u+x ~/.local/bin/dropbox

その後、dropbox --help コマンドを実行して、コマンドの使用方法を表示できます (最初にログアウトして再度ログインする必要がある場合があります)。ファイルの共有リンクを取得するには、次のコマンドを使用します。

dropbox sharelink ~/Dropbox/filename

残念ながら、私の場合、自動開始を含むいくつかのオプションが機能しません。

5. Dropbox を自動起動するには、コマンドを実行してスケジュール ジョブを作成 (編集) します。

crontab -e

次に Enter キーを押して、デフォルトのテキスト エディタを使用します。開いたら、下部に次の新しい行を追加します。

@reboot /home/ji/.dropbox-dist/dropboxd

ここで、ji をユーザー名に忘れずに置き換えてください。最後に、Ctrl+S を押して保存し、Ctrl+X を押して終了します。

Dropbox をアンインストールする

インストールしたパッケージに応じて、ターミナルでコマンド (Ctrl+Alt+T) を実行して Deb パッケージをアンインストールします。

sudo apt remove --autoremove dropbox nautilus-dropbox caja-dropbox thunar-dropbox

Flatpak パッケージをアンインストールするには、次のコマンドを使用します。

flatpak uninstall --delete-data com.dropbox.Client

Ubuntu サーバーの場合は、ソース フォルダーとコマンド ライン ツールを削除するだけです。

rm -R ~/.dropbox-dist ~/.local/bin/dropbox

また、crontab -e を再実行し、ログイン時の自動開始用に追加した行を削除します。