ウェブサイト検索

Ubuntu 24.04 に VMware Workstation Player をインストールする [モジュールの問題を修正]


VMware Workstation Player を使用して仮想マシンでオペレーティング システムを実行したいですか?ここでは、Ubuntu 24.04 および Ubuntu 22.04 LTS にインストールして使用する方法を説明します。

私は個人的に、さまざまなオペレーティング システムを仮想マシン (VM) として試すために Oracle Virtualbox を使用しています。ただし、 非営利目的で無料で利用できる VMware ワークステーションを好む人もいます。

1. VMware Workstation Player をダウンロードしてインストールします。

VMware Workstation Player は、ユニバーサル .bundle パッケージを通じて Linux サポートを提供します。このパッケージは、以下のリンクからダウンロードできます。

Linux 用 Workstation Player をダウンロード: https://www.vmware.com/go/getplayer-linux

上記のリンクが正しく機能しない場合は、代わりにこのページにアクセスしてダウンロード リンクを使用することもできます。

パッケージをダウンロードしたら、ダウンロード フォルダーを開きます。次に、空白領域を右クリックし、[ターミナルで開く] メニュー オプションをクリックして、そのフォルダーを作業ディレクトリとしてターミナル ウィンドウを開きます。

ポップアップ ターミナル ウィンドウで、以下のコマンドを 1 つずつ実行します (VMware-Player-*.bundle をパッケージ名に置き換えます)。

  • ダウンロードしたパッケージに実行可能権限を追加します。

    chmod u+x  ./VMware-Player-*.bundle
  • 次に、sudo 権限を使用して実行します。

    sudo ./VMware-Player-*.bundle

    このコマンドでは、認証のためにユーザー パスワードを入力するよう求められます (視覚的なフィードバックはありません)。次に、パッケージを自動的に抽出し、システムに VMware Player をインストールして構成します。

パッケージが正常にインストールされたら、デスクトップ環境に応じて、スタート メニューまたは GNOME の「アプリの表示」(または概要) からソフトウェアを起動できます。

2. vmmon および vmnet モジュールを手動でインストールする

wmware player を起動すると、いくつかのモジュールをコンパイルしてインストールするためのダイアログ プロンプトがポップアップ表示されます。ただし、私の場合、「インストール」ボタンをクリックした後は常に失敗します。

最初にモジュールを構築するために vmware プロンプトを起動します。ただしいつも失敗します

同じ問題に遭遇した場合は、ここにある無料のオープンソース プロジェクトが役に立ちます。このプロジェクトは、最近のカーネルに対して VMware ホスト モジュールを構築するためのパッチを数年間維持してきました。

注: 以下のコマンドでは、インストールされている VMWare Player のバージョンに応じて 17.5.0 を置き換えてください。また、手順が古い場合に備えて、上記のリンクにアクセスしてください。

パッチを適用するには、最初にセキュア ブートを無効にする必要がある場合があります。

  • まず、Ctrl+Alt+T を押してターミナルを開き、コマンドを実行してプロジェクト ページから tarball をダウンロードします。

    wget https://github.com/mkubecek/vmware-host-modules/archive/workstation-17.5.0.tar.gz

  • 次に、ダウンロードした tarball を抽出します。

    tar -xzf workstation-17.5.0.tar.gz
  • 次に、抽出したフォルダーに移動します。

    cd vmware-host-modules-workstation-17.5.0/
  • 2 つのコマンドを 1 つずつ実行して、vmmon-only モジュールと vmnet-only モジュールのサブフォルダーを tar アーカイブに圧縮します。

    tar -cf vmmon.tar vmmon-only/
    tar -cf vmnet.tar vmnet-only/
  • 次に、それらを vmware モジュールのソース ディレクトリに移動します。

    sudo cp -v vmmon.tar vmnet.tar  /usr/lib/vmware/modules/source/
  • 最後に、vmware-modconfig ツールを実行して、すべてのモジュールをビルドしてインストールします。

    sudo vmware-modconfig --console --install-all

すべてがエラーなく完了した場合は、VMWare プレーヤーを再度起動して、残り物 (tarball と抽出されたフォルダー) をユーザーのホーム ディレクトリから削除してください。

3. VMware Playerを使用してVMにOSをインストールする

仮想マシン ソフトウェアの初回起動時に、ライセンスを読んで同意する必要があります。次に、ライセンス キーを入力するか、「非商用目的で VMware Player を無料で使用する」を選択します。

次に、VirtualBox のような VM マネージャー ウィンドウが起動します。 VM が .vmx.ovf、または としてエクスポートされている場合は、そこで [仮想マシンを開く] をクリックします。 .ova ファイル。または、[新しい仮想マシンの作成] をクリックして新規作成します。

「新しい仮想マシン ウィザード」では、CD-ROM (実マシンにある場合) または .iso イメージのどちらからシステムをインストールするかを選択できます。もちろん、後で使用するために空のディスクを作成することも選択できます。

次に、ウィザードに従ってオペレーティング システムを選択し、VM 名と VM ファイルの保存場所を設定し、ディスク領域を割り当てます。 [完了] ボタンをクリックする前に、[カスタム ハードウェア] ボタンをクリックして、次のようなその他のオプションを表示できます。

  • VM のメモリ サイズ。
  • 使用する CPU コアの数。
  • ハードディスクのサイズを調整します。
  • ネットワークアダプター、サウンドカード、USBコントローラーなどを設定します。

ヒント: ここでは、ネットワーク コントローラーとして [ブリッジ] オプションを選択することをお勧めします。そうでない場合は、右上のシステム ステータス メニューにいくつかの [イーサネット (vmnet1) 管理対象外] オプションが表示されます。かなり迷惑です(下のスクリーンショットを参照)。

システム ステータス メニューにこれらのオプションがすでにある場合は、コマンド vmware-netcfg を実行して設定ダイアログを起動し、仮想ネットワークを削除します。最後に、独自の VM 設定ダイアログで「ブリッジ」するように再構成します。

「新しい仮想マシン ウィザード」を完了すると、USB または CD-ROM から実マシンを起動するのと同じように、VM が自動的に起動します。次に、仮想 OS でインストーラーを起動し、ウィザードに従って仮想マシンにシステムをインストールします。

すべてが完了すると、次回 VMware Player を起動したときに、その VM が VMware Player のメイン マネージャー ウィンドウにリストされます。また、「仮想マシン」メニューに移動して、VM の設定を構成したり、追加機能用の VMware ツールをインストールしたりできます。

VMware Workstation Player をアンインストールする

ソフトウェアをアンインストールするには、最初の手順でダウンロードした .bundle パッケージがまだ必要です。

また、.bundle ファイルが格納されているフォルダー内の空白部分を右クリックし、「ターミナルで開く」をクリックします。ポップアップ ターミナル ウィンドウで、コマンドを 1 つずつ実行します。

  • 削除して再度ダウンロードした場合に備えて、実行可能権限を追加します。

    chmod u+x ./VMware-Player*.bundle
  • インストールされている製品をリストします。この場合、それは vmware-player である必要があります。

    sudo ./VMware-Player*.bundle --list-products
  • vmware player をアンインストールします (ソフトウェアを実行している場合は終了する必要があります)。

    sudo ./VMware-Player*.bundle -u vmware-player

ソフトウェアをアンインストールした後も、いくつかのソフトウェアが残ります。私の知る限り、それらには次のものが含まれます。

  • インストールされているすべての VM のファイル (デフォルトでは、ホーム フォルダの vmware フォルダにあります)。これらは、次回 VMware Player をインストールするときに VM を復元するために (または他の VM ソフトウェアで使用するためにも) 使用できますが、必要に応じて削除できます。
  • 構成ファイルの /etc/vmware ディレクトリを削除するには、sudo rm -R /etc/vmware を使用します。
  • VMware ディスプレイ ドライバー (xserver-xorg-video-vmware) パッケージが依存関係としてインストールされました。